Q かんたんな自己紹介(仕事の内容は?)

某施設で館内全体の空調設備運転操作(温度・湿度設定等)と管理・保守、簡単な電気工事や配管工事などの補修作業を行っています。空調に関しては直接機械に触れる業務が殆どないためPC操作が主体となりますが、何れも知識を必要とする業務ばかりです。

Q 平成27年度 建築物環境衛生管理技術者試験に合格おめでとうございます。受験のきっかけは?

ありがとうございます。やはりビルメンテナンス業のビックライセンスなので、将来的には取得したいなと思っておりました。今回は二度目の受験になりますが、無事に合格することができ大変嬉しく思っております。

Q 受検してみて試験はどうでしたか?

4~5年前に一度受験していたのもあり、実は受験前から今回は合格できるという手応えを感じていましたね。

Q 勉強方法は?

とにかく過去問を解きました。具体的に言うと5~6年分を3回程度。前回受験して感じたことは、いくら勉強していても知識として身についていなかったこと。この試験は出題範囲が広く問題数も多い為、即答できることが合格のポイントだと思います。

勉強を開始したのは受験を決めた試験の1年前から毎日10分コツコツと、半年前からは1日2~3時間、休日は半日…と徐々に勉強に費やす時間を増やしていきました。平日は仕事であまり時間がとれないので、通勤時間や休憩時間を利用して勉強しました。

問題数が多く試験時間も長いため、スピードと集中力が求められます。時間配分も重要になってきますので、試験当日と同じように自分で時間を計って何度も問題を解きました。 

Q 受験勉強で大変だったことは?

設備関係の仕事を主としている自分には、清掃や害虫など専門外の部分の勉強に苦労しましたが、配管や建築の構造、清掃の理論や害虫の種類などが分かるようになりました。

Q この仕事に生かせる資格・経験は?

入社後に取得した資格もありますが、ボイラー技士、危険物取扱者、冷凍機械責任者、電気工事士などは既に取得していました。設備関係の仕事に就きたいと思っている方であれば、いずれも就職前に取得しておくと良いと思います。

Q 仕事のやりがいは?

例えば、お客様から空調の効きが悪いなどの不具合や、建具の不具合を言われることがあります。不具合を直した時に喜んでいただき、感謝の言葉をいただけることは嬉しく、一番の励みになりますね。

Q 共立管財の社内(現場)の雰囲気は?

今の職場はお客様も常駐しているところですので、程よい緊張感を持ちながら仕事をしています。また、今回のように資格取得支援制度が適用になり合格者に報奨金が支払われる制度は資格取得に向けてより力が入ります。

Q 今までの仕事で大変だったことは?

幸い仕事で大変だったことは特にありません。配管工事の時に下水管の詰まりを直すのは抵抗がありましたが、できるだけ苦手意識を持たないように心掛けています。

Q 今後の抱負は?

今後も仕事に生かせる更なるビックライセンスに挑戦しようと思っています。誰にでも向き不向きがあると思いますが、自分に合っているなと思う資格にはどんどんチャレンジしていきたいと思います。